第3回リジュベネーション若返りダイエットコンテスト

メニュー

  1. 概要
  2. 第一部
  3. 開場〜開演
  4. 代表者挨拶
  5. 審査員紹介
  6. 小児がん征圧キャンペーン
  7. ラグジュアリーリジュベネーション贈呈
  1. 第二部
  2. 若返りダイエットコンテスト 開幕
  3. 書類審査通過者発表
  4. アトラクション
  5. 水着審査
  6. プレゼンテーションタイム
  7. 投票
  1. 審査結果発表
  2. 3位発表・表彰
  3. 準グランプリ発表・表彰
  4. グランプリ発表・表彰
  5. 特別賞贈呈
  6. グランプリ受賞者コメント
  7. 審査員長 総評
  8. フィナーレ

概要

2007年9月20日(木)から2008年1月31日(木)まで全国のリジュベネーションサロンにて受付を行い、開催していた「第3回リジュベネーション若返りダイエットコンテスト」の表彰式を2008年4月29日(火)に行いました。 審査員による審査で10名のノミネート者が選定され、審査員の審査と来場者の携帯電話での投票で最終審査と表彰式を行いました。今回も会場は新大阪のメルパルクホールでした。今回からはプレゼンテーションタイムという新しい審査対象項目を設け技術力の向上だけでなく様々な面でのエステテ ィシャン・サロンの切磋琢磨が垣間見れました。


第一部

開場〜開演

当日は13時開場、14時開演の予定だったのですが、有り難い事に入り口前では開場時間前から大勢の方がお待ちくださっていました。

今回は販社のスタッフだけでなく幹事を引き受けてくださったステーションカンパニー株式会社の方々も受付で活躍してくださいました。ありがとうございました。

みなさまのお陰で実際にスケジュール通り14時に予定通り開演できました。司会は第2回リジュベネーション若返りダイエットコンテストの時にも司会を引き受けて下さった松涛有希[まつなみ ゆき]さんです。


代表者挨拶

開会にあたり、まずは株式会社リジュベネーション 代表取締役 佐藤裕美よりご挨拶させて頂きました。今回は審査員も兼任させて頂く事になり、また違った視点でイベントを見る事ができました。この経験を生かし、今後より良いコンテストになるよう邁進してまいります。

イベントを支えて下さったスタッフの方々、ご来場された方々、出場サロンの方々、そして何よりもエントリーされた方々とそのご家族様にこのページをお借りして再度お礼申し上げます。皆様のお陰でこのような多くの方にとって意味や感動のあるイベントが開催出来ました。お影様で多くのエステティシャンが技術面だけでなく、人間的にも成長できるきっかけになったと信じております。そして何よりも私たち自身も多くの刺激を頂き学びの機会になりました。今後も有意義なイベントになるよう切磋琢磨してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。


審査員紹介

審査員長 月乃桂子
ペンタゴン グループ 会長・日本健康美学学院学院長
日本心体美学会理事長元日本エステティック協会副理事長

など、ここでは読み上げられない程の肩書きをお持ちで、様々な業績を残しておられます。 中でもエステティシャンで知らない人はいないシデスコの大会において、1976年「シデスコエステティックサプライズ国際美容大賞(金賞)」を受賞されたという素晴らしい経歴をお 持ちでいらっしゃいます。 ちなみにこれは日本人初・世界で14人目の受賞という世界規模で見ても偉大な功績といえます 間違いなく日本のエステティック産業を創世記より支えてきた1人が月乃桂子先生です。

株式会社サロネット 代表取締役 池田哲朗
シンクタンク ホルスの会会長
美道楽推進実行委員会代表理事

などの肩書きをお持ちで、美容プロモーションや理美容専門学校のマネージメントなど様々な活動に従事しておられます。近年では淡路島活性化事業を通じて伊弊諾神宮内に「頭髪感謝碑」を建立するなど理美容に対する啓蒙普及事業なども手がけていらっしゃいます。

医療法人藤仁会 理事長 藤立晶禎
医療法人藤仁会の理事長先生でいらっしゃいます。「医療に心を。」の理念を掲げ救急医療はもとより療養介護・在宅医療・健康診断など様々な分野で誠実におひとりおひとりと向き合った医療サービスを提供しておられます。
株式会社大阪帝拳 代表取締役社長 吉井寛

渡辺二郎・六車卓也・辰吉丈一郎など名立たるボクシング界のヒーローを育ててきた大阪帝拳の会長を勤めておられます。機能的に鍛え上げられたボクサーの洗練されたボディを数多く知り、人間の肉体美に精通されておられます。

http://www.osakateiken.com/

株式会社リジュベネーション 代表取締役 佐藤裕美

リジュベネーションシステムの普及活動を行い、また全国のリジュベネーションサロンへの技術指導を行う指導者としても現場で活動しています。本物のハンドの技術を追求し、リジュベネーションシステムの普及と発展を目指しております。

小児がん征圧キャンペーン

今回も引き続き「小児がん征圧制圧キャンペーン 」に協力させて頂きました。

全国のサロン様でご協力頂いた募金箱を集め、毎日新聞大阪社会事業団 事務局長 山本 真也様へ贈呈させて頂きました。

皆様のご理解とご協力に感謝しております。この場を借りて再度お礼申し上げます。ありがとうございました。



ご協力頂いた全国のサロン様です。写真をクリックすると詳細ページが開きます。

ラグジュアリーリジュベネーション贈呈


リジュベネーションシステムで培った結果の出せる施術、これは1つのサービスの形態として確立したものとして認知されるようになりました。そして、リジュベネーションシステムを提供しているサロンでも、より技術・知識・経験などの点で優れた結果をおさめているサロンに 「ラグジュアリーリジュベネーション」の称号を与え、更なる若返りへの追求を行ってゆきます。

『施術者が持てる技術力を120%発揮し、持てる全ての知識と技能で可能な限り、若々しく美しい状態に維持し続けてゆく』ラグジュアリーリジュベネーションは、これをテーマに別次元のサービスを追求してゆくサービスです。『身体だけでなく心から若返り、それを継続し、若くあり続ける』誰もが望むようなサービス。それがラグジュアリーリジュベネーションです。  

リジュベネーションシステムの施術は技術面の習得の難しさだけでなく、人の身体を医学的な視点から捉えて、施術者がその都度施術を考案して構成するという側面から習得が難しい施術です。ラグジュアリーリジュベネーションの称号を授与する3サロンのエステティシャンは、このリジュベネーションシステムの施術者の中でも選りすぐりのエリート達です。どのような体質・体格のお客様がいらしても、そのお客様の期待に沿う技術を、きちんと提供出来る本物の職人達なのです。


エステステーションWIZ心斎橋店

アンジェリカ

サロン・ド・える