リジュ若返りゴッドハンドコンテスト

森岡 千春 様

年齢:38歳
担当サロン:エステステーション梅田本店
担当スタッフ:森本 
BEFORE
AFTER
比較リストに入れる
比較リストに入れる
BEFORE
AFTER
比較リストに入れる
比較リストに入れる


結果データ

計測 身長 体重 バスト ウエスト ヒップ 体脂肪率
1 167cm 65kg 96cm 84cm 96cm 29%
2 167cm 65kg 99cm 87cm 94cm 29%
3 167cm 62kg 96cm 77cm 91cm 27%
4 167cm 62kg 96cm 86cm 91cm 27%
結果 0cm -3kg 0cm 2cm -5cm -2%


コメント

開始時のコメント

【目標】●上半身とウエストのライン作り、肩こりの改善、体重ダウン(67.4kg→57kg)
【お体の状態】サロンケアの間隔が少し空くと、すぐに腰や背中が張ってお尻も硬くなる。また、過去のケガ(骨・筋系)の影響で、常に筋肉に緊張がある(特にお手入れ中に力が入るので、深呼吸に合わせてゆっくりしたリズムで行なうことが大事)
【施術ポイント】①僧帽筋~肩甲骨周りをしっかりほぐす②キレイな肩のラインをつくるために首を伸ばす③ウエストラインは、背骨の脇をしっかり緩め肋骨を内に入れる④鼠径・腸骨・腰周りが硬く、お手入れ前のストレッチが重要⑤腸骨・仙骨周囲から丁寧に老廃物を出す
【ホームケア】ゲルマ温熱マットで就寝(筋肉の柔軟化と良質な睡眠)・サロンケア前日はReボーア入浴・リReウォーターを毎朝1本摂取
【意気込み】上半身を綺麗に整え、体重マイナス10kgを実現し、しなやかで軽い体になっていただきます

終了時のコメント

一番にポイントを置いたのは、仙骨から側頭骨の乳様突起まで脊柱の両側を緩めることです。硬い筋肉は力を入れたマッサージをすると血管や筋肉が緊張して収縮してしまうことを念頭に、最も硬かった脊柱起立筋の凝りをほぐす際は、脊柱に対して両母指の先端を合わせて平行に使い、第5腰椎のあたりから肩まで、最長筋の内縁を溝にそって両母指の指紋部分で軽い圧をかけながら癒着をはがすようにやさしく行ないました。
頚部から肩は肩甲骨 を引き上げるため上に、僧帽筋や肩甲挙筋・肩甲間部は斜め上に、大・小菱形筋など肩甲下部では肩を後方に引き斜め下に、引き上げる筋肉は引き下げる方向に、寄せる筋肉は離す方向に…と手掌で軽擦することで、脊柱起立筋が受けている締め付けを緩めることができました。
もちろんご本人のご協力も欠かせませんが、私達がしっかり考えながら施術を行なうことで、効果は得られると思います。今回は本当に勉強になりました。

担当スタッフ


森本 


Twitter / FaceBook

ツイート