第2回リジュ若返りゴッドハンドコンテスト

加奈 りゅうさ 様

現在の票数:1524票
年齢:43歳
担当サロン:桜梅桃李 上本町店
担当サロンサイト:http://www.oubai-tori.com/
担当スタッフ:安河内由美子/久保まどか
投票は2013年4月末日をもって終了致しました。応援ありがとうございました。
BeforeBEFORE2012年12月25日
Next Prev After AFTER2013年04月19日
比較リストに入れる
比較リストに入れる
BeforeBEFORE2012年12月25日
Next Prev After AFTER2013年03月27日
比較リストに入れる
比較リストに入れる


担当スタッフ

安河内由美子/久保まどか
担当スタッフ

結果データ

計測 身長 体重 バスト ウエスト ヒップ 体脂肪率
2012年12月24日 169cm 60kg 88cm 73cm 93cm 27%
2013年02月14日 169cm 57kg 85cm 65cm 90cm 24%
2013年03月12日 170cm 56kg 83cm 64cm 90cm 22%
2013年04月18日 170cm 55kg 83cm 64cm 87cm 22%
結果 1cm -5kg -5cm -9cm -6cm -5%


コメント

<<前のコメント
次のコメント>>


2013年04月20日


2013年04月19日

スタッフコメント

安河内先生

加奈様のお手入れには、個人的にとても思い入れがあります。

実は加奈様は、私の自宅から15歩くらいのご近所さんです。

3人の小さい子供の育児とサロン運営であまりご近所さんとも密なお付き合いのない私は、加奈様とも挨拶程度の関係でした。

それが、「新規のお客様~♪」と思ってお顔を見た瞬間、「?!・・・知ってる・・・。」と。

お互いに相当驚きました。
元々、他人に身体を触られるのが嫌で、美容院なども苦手な加奈様。
「お手入れしてもらうなら、安河内さんが良い」と、最近ではあまりない、私の担当となりました。

運営をしながらの施術者としての担当は時間的にも難しく、加奈様も子育てと仕事をお持ちの女性なので、営業前、朝の7時からの「早朝リジュ。」が定着していきました。(笑)

朝から施術をすることで1日中、代謝があがり、施術効果としても良かったかもしれません。

34度台だった体温が最近では日中だと36度後半・・・。癌体質の体温ではありません。

お体の変化も写真で顕著に表れていますが、加奈様は老廃物と一緒にたくさんの心のデトックスをされたように感じます。

最初、加奈様はお体のことを話されるのをためらっているように感じました。病気の話を聞いたのは、スタートしてから少したってからです。

これまでご家族にしか病気のことを打ち明けていなかった加奈様。
「人に言ってしまうと甘えてしまう気がして。でも、言わないことで「普通に」接してくれるから、逆に頑張れたの。」と、話して下さったとき、加奈様のこれまでの頑張りを想い、「私ができる精一杯のことをしよう」と思いました。

施術がすすむにつれ加奈様はどんどん元気になっていかれました。
3か月と少し。短い期間でしたが、「お腹がめっちゃ薄いねんっ!」と、満面の笑みで喜ぶ加奈様は本当に可愛らしく、たまにお仕事に行く途中の加奈様を自宅近くで、見かけることがあったのですが、着物姿の加奈様は本当に美しく、惚れ惚れするほどでした。(施術で首が長くなったことで、色っぽさ倍増だそうです)

加奈様は老舗のお寿司屋さんの女将ですが、最近では女性のお客様がものすごく増えたらしく、「とても綺麗な女将がいるお店」としてお客様が私に会いに来てくれると、嬉しそうにお話してくださいました。
まさに「身体が変わることで生活の質が向上する。」リジュベネーションの醍醐味を体感して頂くことができたと思います。
加奈様とはたくさんお話をしました。
私自身、プライベートでこの数カ月色々なことがあり、自然と加奈様に聞いて頂くことも多く、随分と心が軽くなりました。
きっかけは、「お客様」としてですが、大切な友情を育めた期間だったように感じています。

加奈様の健康と「女将の美」を、これからもサポートさせて頂きたいです。
一緒に担当してくれた久保マネージャー。営業前の朝早い時間から出勤してくることは、体力的にも相当、大変だったと思います。
加奈様の結果がなかなか出ず、落ち込んでいらした時に明確なアドバイスをし、加奈様の心を軽くしてくれたのは久保でした。

加奈様と久保マネージャーに感謝をこめて。
最終のコメントとさせて頂きます。

2013年04月06日

息子様よりコメント

原文のまま記載させていただきました。





2013年03月27日

加奈様ご自身のコメント

Reパーフェクトを飲み始めて2か月半、初めは便秘になりました。元々便秘だったので漢方の便秘薬を飲んでいたのですが、それを飲み続けていても便秘になり、長い時は1週間近くもない時も・・・
きつい薬をのもうかと先生に相談したところ、「それはダメ。1か月半くらいで調子がよくなるから」と言われ、その通りにしていると、2か月になるかならないくらいから快便になり体重も減り、調子も良くなってきました。

そして「もうないでしょう」と病院の先生に言われていた月経が5年ぶりに・・・
以前のような何日間かある月経ではないので言いきれませんが、その日はトイレに行く度にティッシュにかすかにつく程度のものが・・・
もしかしたら近く、始まるかもしれません。

3年間飲み続けたホルモンの薬(ノルバデックス)から違う薬に変わるのに身体がもつか、今度骨密度の検査をしますが、検査結果を楽しみにしています。

前にもいいましたが、今私がしている治療は、癌には効くかもしれませんがそれ以外の身体にはかなりのダメージがあるようです。
癌になって抗がん剤治療の時も、放射線治療の時もほとんど休むことをしなかった親の代から始めた家業。
そろそろ私たち夫婦の代に・・・親についていてくれたお客様や新しいお客様も若夫婦頑張れと言って頂いていた矢先だったのでかなりショックでした。
髪の毛が抜けるショックは、自分の髪が抜けるショックではなく、生えてくるまで店に出られないのではないかと思うショックの方が大きかったです。
(これから抗がん剤治療をされる方で髪の毛が抜けるから躊躇している方がいましたら「抜けるのは一時ですよ」冷たい言葉かもしれませんが・・・
病気をすることで人は一瞬立ち止まります。今までの生き方で良かったのだろうかと考えます。ここで人生を終えて悔いはないかと考えます。
心配や励ましを受け、人とともに生きていることの有難さを勿体ないほど実感します。みんなの「愛」に触れて人生で出会う幸・不幸の全てに無駄なことは一つもないのです。
年齢や体調のこともありますが出来る治療があるのであれば抜けたものは又生えてきますよ。経験者だから言える言葉です。)

癌になったことはとても嫌でしたが、なったことで得られたこともあります。
リジュもその一つです。先生との出会いは私には大きいです。仕事では予約から宴会の打ち合わせなどほとんど私とお客様とで進めていき、年々忙しくなっていく中、身体が悲鳴を上げていることも気付いてなく、先生に身体を触って頂いて初めて自分の身体がとても冷たいことを知りました。
一度、体温を測ってみる様言われ、測ると、なんと34度代だったのにはびっくりしました。
元々平熱は高い方ではないとは分かっていましたが、元気な時に熱など測ったこともなかったので、自分では平熱は36.2度位だと思っていました。
それから毎日測るようにしましたが低い時では34.2度で「うぇ〜」っと何度も測り直しました。
それが34.5度、34.6度・・・
今では35度台をキープしています。身体の冷たさも今では全くなく、どんどん正常に近づけています。目標は自分が思っていた36.2度。
今年1月から忙しく、睡眠不足が続いている中、元気にこなせていけているのもリジュのおかげです。
体温UP、便秘薬が不要になった腸、月経再開(?)体力増強、日に日に健康を取り戻せていることを体感し、確かな手ごたえを感じ、4月に行う予定の血液検査の数値が楽しみで仕方ありません。

主人は何に対してもマイナスなことを言う人なので、サロンに来させて頂くようになったことも余り話をせず、「仕事には影響させない」という事で了解してもらいました。
子供たちは「そんなに太ってないんちゃう」とか「小太りが長生きするんやで」とか意欲を低下させられながらのスタートでした。
事あるごとに「そんなに痩せなくても」と言われ、私は「痩せるんじゃなくて綺麗になるの(怒)」と言い続けていたある日「母ちゃんのおへその位置が上がってるぅ!」そうなっていき始めると毎日が「あれ?手、細なったんと違う?」「お腹へっこんだね」など・・・
今は家族以外の人にもよく言われ、「どうしたん?」の連発です(喜)

主人は独自で走ったりしてダイエットをしています。私がみるみる痩せて行くのをあまり喜んでいません。「俺がこんなに走って走ってしているのにいっこも痩せへん」と対抗意識バリバリです。
私が「今日はお手入れの日」というと、朝5時から走りに行きます。どちらが綺麗になるか楽しみです(笑)
先日、主人が「一回り小さくなったね」って言ってくれました。元々お風呂上りはみんなオープンで身体が落ち着くまでは裸族状態です。でも病気がきっかけで私は裸族から抜けていて、そろそろ戻りたいと思っていたのですが子供に「あれ?ちょっとお腹出てない?」と言われ裸族の勇気がなかなかできなかったのですがそろそろ裸族に戻ってみようかな・・・とも思っています(笑)

2013年03月02日

スタッフコメント

安河内先生

加奈様は、代々続くお寿司屋さんの女将さんでとてもキレイで治療をされていらっしゃるとは一見思えないほどはつらつとした女性です。

お手入れ最初の頃は、ゲルマに1時間入ってもらってもまったく汗をかくことができず表面が少し温まるだけ。あっという間に冷蔵庫に入れていたかのように全身が冷たくなり、伺うと体温も34度台が日常。と言う事でした。不思議な事に自分ではまったく冷えを感じず家でも「家族は寒がっているのに、自分は半袖半ズボンじゃないとバランスがとれないの。」と自律神経がうまく機能していないのかなと感じました。

お手入れしていても、触っている箇所すら冷たくて温まりませんが、老廃物はものすごく濃いものが出続けました。骨も固くo脚がひどかったので、矯正を入れても今は負担が大きいだろうと判断し、ひたすら温めることと老廃物を出し続けました。左脇のリンパ節をすべてとっていらっしゃたので、回収もあまり期待できませんでした。

栄養士の久保の指導の元、「食べないのは絶対にダメだけど、食事の内容は少しお勉強しましょう」と、加奈様も食べたものをすべて書いてきてくださるなど色々と美容や食事に関しても知識もどんどん吸収して自分のものにしていらっしゃいました。

自宅でのケアは、ボアに週2で入って頂きました。エキカリンパや膝下など自分でも一生懸命マッサージしてくださり、たまに青あざを作って来店されるなど、加奈様のがんばりに私たちも応えないと!と心が一杯になりました。

最初の1ヶ月は本当に体重すら微動だにせず、加奈様も少しめげていらっしゃいましたが、それから少し経ったころから一気に変化が見え始め、私たちも驚くほど急激に変化しだしました。前からの写真を提出できないのが残念なくらい、美しくウエストができ、肩のラインもきれいに整い、背中のもっこりも消え、足のラインが本当に美しくなりました。最近では、明らかに0脚だった足がすらりと長くなるなど、固かった骨が柔らかくなってきて、改めてリジュ水の威力を感じることができ、施術者としても様々なことを学ばせて頂いています。

何より嬉しいのが、加奈様の平熱が34度台から35度台に変わってきたこと。あんなに冷たかった足も、最近では常に温かく「あったかい〜!!」と皆で盛り上がっています。

2人のお子様やご主人様、近所のお友達からも「何かしたん?!」と言われることが多くなったらしくとても喜んで頂いています。

4月に血液検査を予定されているので、そのときに良い数値が出ることを祈りながら、これからも心を込めてお手入れさせて頂きたいです。

2013年02月20日

加奈様ご自身のコメント

5年前に左胸のしこりに気がつき、病院に行きました。
自覚症状は全くなく、大した事ないだろうと思う気持ちが大きく「癌です。」
と言われた時は、医師が言っていることは分かるのですが、理解できませんでした。

セカンドオピニオンを受け2カ所目の病院で手術をし、今、現在も定期的に受診しています。

手術をし、抗がん剤治療などで一時痩せましたが、ホルモン治療を始めたのが原因か年齢のせいか、40歳を境に太ってきました。

そうなると定期的にしていた採血にも変化が出てき、GOT LDH 中性脂肪等の数値が上がってきました。これは大変と独自で色々してはみるのですが、
うまくいきません・・・。どうしよう?このまま太っていってしまうのだろう・・・。
と他人事?のような危機感を感じながらいたところリジュベネーションに出会ったのです。エステなど行ったことがない私なので、頭でいろいろ考えすぎていた所があったのですが、スムーズに入っていけたのもオーナーさんやスタッフの方達が
いつも自然に接してくれて、毎回楽しい時間を過ごさせてもらっています。後々にリジュの良さも解ってきました。

私みたいな病気の方は、年々増えてきています。「悪いところを取ってしまったら元に戻る」ではありません。
現在、私も5年が経ちましたが今でも治療をしています。

医師は治療の選択肢を提示してくれますが、最終的に副作用も含めて
決めるのは自分です。どちらが良いのか?疑問に思いながら、悩みながら「治療ができない人もいる中で、出来る治療があるのは良いほうかな」と思いながら、
治療をしています。「癌」には効くかもしれませんが、身体は確実にダメージを受けているとわかります。

リジュを初めていろんな面で癌でない人との違いが出て来ました。
・・・多分身体の中の毒素が多いのでしょうね。いつもジェルが真っ白に濁っていました。体重も少しも減らず気持ちもめげていたのですが、
少し・・・少しと変化してき振り返ってみるとまだ初めて1ヶ月と少しなのですが、気分も身体も軽くなってきました。
まだお世話になって間もないのですが、痩せたい人はもちろんの事、癌になった人こそ術後のケアとしてリジュが良いのではと思っています。

5年前、術後に病院から指導されたリンパドレナージュといつもお手入れでしてくれる施術が同じな事に気がついた時、より確信が深まりました。

せっかくの機会ですからコンテストにも挑戦し、私と同じ経験をしていらっしゃる方にお伝えできればという気持ちでいます。