第2回リジュ若返りゴッドハンドコンテスト

立花 くらら 様

現在の票数:3票
年齢:44歳
担当サロン:エステ・ステーション梅田本店
担当サロンサイト:http://www.umeda-honten.jp/
http://www.reju-esthe.jp
担当スタッフ:大澤 陽子
投票は2013年4月末日をもって終了致しました。応援ありがとうございました。
BeforeBEFORE2012年10月01日
Next Prev After AFTER2013年03月29日
比較リストに入れる
比較リストに入れる
BeforeBEFORE2012年10月01日
Next Prev After AFTER2013年03月22日
比較リストに入れる
比較リストに入れる


担当スタッフ

大澤 陽子
担当スタッフ

結果データ

計測 身長 体重 バスト ウエスト ヒップ 体脂肪率
2012年10月21日 160cm 52kg 89cm 78cm 87cm 26%
2012年11月29日 160cm 53kg 93cm 78cm 87cm 25%
2012年12月20日 160cm 53kg 91cm 81cm 87cm 26%
2013年01月14日 160cm 53kg 89cm 78cm 87cm 29%
2013年02月04日 160cm 53kg 90cm 80cm 88cm 28%
2013年03月11日 160cm 53kg 93cm 78cm 87cm 25%
2013年03月21日 160cm 53kg 90cm 76cm 87cm 27%
2013年03月28日 160cm 53kg 90cm 78cm 85cm 29%
2013年04月08日 160cm 53kg 89cm 75cm 86cm 26%
結果 0cm 1kg 0cm -3cm -1cm 0%


コメント

<<前のコメント
次のコメント>>


2013年04月20日

スタッフコメント

大澤陽子

【お体の状態と施術の工夫】
●静脈角・頸部リンパの詰まり、肩・首の凝りによってお顔に浮腫み
●自律神経のアンバランスによって、背中全体の筋肉が硬化
→ファットレスマットレスの際に、頭蓋骨周りと耳の後ろをしっかり緩め、ジェルを使って頭皮から頭蓋骨、顔から頭蓋骨、さらに首と頚椎横の水分をしっかり流しました。その結果首が長くなり、同時に背中・腰も緩みました。
●下半身のリンパの滞り・冷えによって腰から大腿部・膝上のセルライト
→鼠径リンパ節をしっかりあけるために、ストレッチを長めに丁寧に行ないました。
また、O脚と歪みを整えるため、仰向け時に脚を外側に倒し、うつ伏せ時にはカエル脚にして、筋肉の割れ目に沿って老廃物をしっかり出しました。うつ伏せ時、腕を下にして僧帽筋を緩め、肩甲骨周りをほぐし、第七頚椎はゆっくりしっかりほぐしています。大臀筋から腰周りは細かくほぐし、カエル脚にし、大転子を緩め、大臀筋・中臀筋・梨状筋をほぐしました。ねじれがあるため、左側のみストレッチは強化。まっすぐ伸ばした脚を高く上げ、腰を落とし、肋骨を内から入れ込み伸ばして大臀筋を緩めています。
老廃物を出しやすくするため、部屋を明るくし静脈が見えやすいようにしています。
骨盤・膝・足首にバンテージを巻き、足元は高くして10分固定させることと、ホームケアで後ろ歩き8~10歩(それ以上しない)を毎日していただき、O脚は改善に向かっています。姿勢の改善には、呼吸法を工夫し腹筋強化を心掛けていただきました。(息を吸う時に、内臓を上に持ち上げる感じで3秒止めてから、はく時は吸う時の倍の時間をかけてはく)

歪みの改善、O脚の改善は、日に日に実感され、肩凝りや浮腫みは「毎回嬉しくなるほど改善される!」と喜んでくださいます。歪みの改善により水分の回収もスムーズになり、浮腫みも軽減され、お腹周りや太もももスッキリされました。

2013年01月21日

スタッフコメント

大澤陽子

数ヶ月前に左膝の手術をなさいました(怪我のため)。ヘルニアによる腰痛、全身の疲れ、むくみ、冷え、ゆがみを強く自覚なさっています。
「綺麗なボディラインを取り戻したい!!」とおっしゃって、美しくなること・健康になることへの意識を高くお持ちです。
私たちの手で、絶対にそのご希望を叶えて差し上げたいと思います!

【お体所見】
●静脈角~頸部のリンパの詰まりと肩~首のコリによって、お顔に浮腫みも出ておられます
●自律神経の乱れもあり、背中全体の筋肉が硬化しています
●下半身のリンパの流れが滞り、冷えも進行。セルライトが腰から大腿部・膝上にみられます

【施術計画】
●血行が悪く、内出血が起きやすいので、リジュベネーションウォーターをご自宅でも飲んでいただきます
●背中全体(特に左肩から肩甲骨にかけて)の筋肉が収縮しているため、ある程度の柔軟性が出るまで無理をかけず、温めながらゆっくり丁寧にほぐしています
●仙骨・腸骨周囲と大腿筋(特に大転子・内転筋周辺)のセルライトをほぐし、筋肉を潰さないように老廃物をたくさん出します
●腰部の余剰水分は、腸骨周りを緩めながら回収されるように流れを作ります
●脚のライン調整は、膝~足首にバンテージを巻き、足先を高くして10分程度固定します