リジュベネーションウォーター

リジュベネーションウォーター

リジュベネーションウォーターの役割は循環する体液をキレイにすることです。

体の錆を取ること、錆びない工夫をすること、体に溜まった不要なゴミを出して、体の隅々までキレイに掃除することを目的に開発されたリジュベネーション商品の代表格です。

体液循環のお話

体液循環のお話

体の60%は水で出来ています。人は体の水を10%を失うと命に危険があると言われ、体にとって水は命なのです。体の水分は酸素や栄養素を運ぶライフラインと細胞が使った後のゴミを排泄する排泄機構に分かれます。大切なのは排泄機構です。排泄機構がきちんと整備されていなければ、体の中はゴミで溢れて毒素が溜まって病気になってしまいます。

体は出すことで健康を取り戻します。循環している体の水をいつも清潔に清らかに保つことが健康美を作る上で最も大切なことなのです。

循環を考える上で、地球の自然を想像してみてください。自然を流れる清流の水は清らかで命を育んでいます。都会を流れる下水の水は、生活で使われたもので汚れています。地球も体も環境を美しくするためには、水の循環を考えて、水を美しく保つことが大切です。

デトックス(解毒)

デトックス(解毒)という言葉が一般的になりましたが、私たちがリジュベネーションシステムを立ち上げた2001年頃には(毒素排泄・解毒)と呼んでいました。

体は365日休むことなく食事で様々なものを取り、代謝をして排泄をしています。その繰り返しの中で、体の中には老廃物や有害ミネラル、化学物質、環境ホルモンなどの毒素が蓄積します。

体には健康を保つために、副腎をはじめ、腎臓や肝臓などといった体の中を正常に保つために解毒する機関が備わっています。ですがそれら臓器が機能できる範囲はあくまで自然の範囲です。

生活習慣病と呼ばれる病気は体に毒を貯めることが原因で発症します。健康を保つためには体の中に余分なものをためないで、デトックス(解毒)をすることがとても大切です。

燃焼する力

軽やかで健康的な毎日を送るために、摂取した栄養素を効率よく燃焼して、体に不要な脂肪や老廃物を作らないことが大切です。

私たちは食べた物よりATPというエネルギー通貨を得て体温を維持しています。ATPは細胞内のミトコンドリアでつくられます。ATPを作るためには酸素が必要で、酸素が足らない場合はビルビン酸から乳酸が作られます。細胞内の乳酸は血管内に排泄されて、乳酸が増えると血液が酸化して疲労感につながります。出来ることならATP生成を正常にして、血液を酸化させる乳酸を減らすことが倦怠感や疲労感をなくし、ポジティブな動きを作り出し、若々しい細胞活動につながります。

燃焼する力