加盟店様の声「エステ・ステーション 藤原 弘呼様」

リジュべネーションの技術は長くやればやるほど、これほど奥の深い施術はない、とつくづく実感してしまいます。

過去には痩身技術の“もみ出し”も徹底してやりきり、様々なボディ機器も使い知り尽くしてきました。 30年前に美容電気脱毛を中心としてエステ・ステーションを立ち上げましたが、10年経った頃から全身美容、 特に“いつまでも若く元気で美しく”を目指した身体づくりのサロンへと展開をしていきました

その頃にリジュべネーションと出会い、初めて体験した時は、自分の身体の細胞一つ一つの声が聞こえたような何とも言えない感覚でした。受けた後は軽い運動をした後のように、身体が軽く細胞が活気づき“さぁ頑張ろう”と元気になる・・・そんな体感でした

ステーション・クレドの10番目に「私達の手には目と心がある=手の目で感じ手の心で返す」というのがあります。

約40名のスタッフは私と同じように、自分が感じた事を自分の手を通してお客様の身体と対話する技術を楽しみ、さらに追及することでお客様満足を高めてくれています。

リジュべネーションに取り組んで14年になりますが、エステ・ステーションにとって、なくてはならないメニューになりました。お客様にとっても、これから先もずっと受けたい施術になっており、20代30代は痩せてボディラインをきれいにする、40代50代は内面の変化に左右されないボディをつくる、60代70代は若い身体を維持する、というように何十年にわたって身体に求められる施術、それがリジュべネーションです。

リジュべネーションを受けてくださっているお客様の喜びのお声が、私たちの自信になり力となってリジュべネーションコンテストで数々のグランプリや入賞をいただきました。でも技術や施術には限りがありませんから、常に勉強の姿勢を持って定期的な研修や、スキルアップの資格取得を積極的に行っています。

また、私は業界団体の理事として長らく活動していますが、エステ・ステーションの在り方はその活動の中で育てられてきました。安心・安全なエステティック業界をつくる、という活動をすることで、お客様やエステティシャンの為になるエステ・ステーションへと成長してきました。

私のキャリアも40年以上になり、エステ・ステーションも30年を通過し、さらに50年60年に向かって、 “お客様もスタッフも元気になれるサロン”を目指しスタッフ共々精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。