Product

施術関連

ファットレスマットレス

Fatless Mattress

ファットレスマットレス
細胞の隅々まで酸素を与え、代謝機能アップ!

ゲルマニウム、トルマリン、蓄熱保温性に優れた特殊セラミックを練り込んだマットです。短時間で効果的に深部体温を上げ、寝ているだけで全身の血流を促し代謝を上げる効果があります。

ファットレスマットレスの効果

❶ ドロドロ血をサラサラに
ゲルマニウムとトルマリンの相乗効果で、滞っていた血液の流れを促します。全身の毛細血管まで血流が戻ると、体内の細胞に酸素が行き届き代謝が上がります。
❷Rejuvenation Waterとの相乗効果
リジュベネーション ウォーターとセットでご飲用いただくと、ファットレス マットレスの効果を最大限に引き出します。通常時よりも更に代謝促進、老廃物排泄、発汗作用などの効果が高まり、同時に脂肪細胞の燃焼力も高めます。
❸細胞再生に役立つHSPを増やす!
体内温度が38.5℃以上になると発生するHSP(ヒートショックプロテイン)を効率よく大量に生み出すことが可能です。成長ホルモンの分泌を高め、老化を遅らせることを目的としたマットです。
ファットレスマットレスでのお手入れ
実験開始/1日目実験開始/1日目実験開始/1日目

1回/40分間マットに入れたトマトと、何もしていないトマトを約50日間。室温24℃で保管/観察を行った結果が上の写真です。

トマトを使ったヒートショックプロテインの実験結果

ファットレスマットレスに40分間入る事で、トマトの中にHSP(ヒートショックプロテイン)が生まれ、トマトが熟す速度を遅らせる効果があります。HSPはトマトの細胞の変質を食い止めて正常を保たせる役割を担うためです。植物は細胞内にタンパク質(プロテイン)の量が少ないですが、ここまで変化の違いが現れます。動物は身体の20%がタンパク質でできています。若さ、美しさを保ち、健康でいるためにいかにヒートショックプロテインが大切かがよくわかる実験です。

電磁波99%カットの安全設計

安全センサーが内部に埋め込まれている検知線入りのヒーターを採用。温度の異常上昇や断線を検知し、万一の異常発生時には通電が停止される安全設計です。さらにヒーター線内部に電磁波低減の加工を施すことで気になる電磁波をカット!細胞を疲れさせません。

検知線入りヒーター

TOP