Product

ホームケア

ジュナムⅡ

JunamⅡ

ジュナムⅡ
希望小売価格 ¥4,000(税抜)
ローズオイルから作られた、 現在入手困難の幻のオードトワレ「ジュナムⅡ」

ローズオイルから作られた、現在入手困難の幻のオードトワレ「ジュナムII」を、リジュベネーショ ンシステムの香りと位置付け、施術空間はもとより弊社の商品にも組み込んでいく予定です。今後国内はもちろん海外にもそのブランディングを発信して参ります。

ローズオイルの効果

❶歴史ある民間治療薬
古代エジプト時代からローズオイルは万能薬剤とみなされ、その薬効で様々な治療に使われてきました。
❷女性に嬉しい作用
古代ローマ時代では生理痛を和らげたり、生理周期を整えたり、更年期症状を和らげたりと、婦人系症状の管理に用いられて来たとい言われています。
ジュナムⅡ
ペルシャ

バラの国 ペルシャのダマスクローズからつくられた香り

ペルシャ(イラン)は古代のバラの原産地であると言われています。また最初に「蒸留技術」を開発し、バラの精油(エッセンス)とローズウォーターを生産した歴史と伝統ある国です。イランの首都テヘランより少し南西に位置するカシャーン地方は、バラの香料を生み出すのに最適とされる「ダマスクローズ」の生産にとても適しております。5月下旬より40日間、朝露の滴る日の出の時刻にバラの花を摘み取り、その日の内に昔と同じ製法の蒸留釜を使用し、バラの精油(エッセンス)とローズウォーターを作ります。バラの精油を1mL取り出すために、なんと約3,000本ものバラが必要とされる為、大変高価で貴重な精油として知られております。

ダルビッシュ父がディレクション
息子 / ダルビッシュ有がプロデュースした香り

兵庫県芦屋市でダルビッシュ ギャラリーを開業し、ペルシャ文化や伝統、また手作り工芸品などを日本に広めている第一人者である、ダルビッシュ セファット ファルサ氏。香水やダルビッシュ ギャラリーブランドに使われる「ジュナム」というペルシャ語は、直訳すると日本語で「なぁに?」となります。この「なぁに?」という中に、恋人や愛する人、家族に対する愛情深い表現が込められていて、正しくは「なぁに、愛するあなた。」となります。香水の瓶の図案の2つのバラは、「アダムとイヴ」が優しく向き合う中に、ペルシャ語のジュナムの文字が書かれています。安らぎや安心感を与えてくれるジュナムのオードトワレは、息子が父の祖国を思い、制作当初開発に関わった心のこもった逸品です。真の健康美を追求するリジュベネーション社の考えに賛同いただき、この度ダルビッシュ ギャラリーとの素晴らしいコラボレーションが実現いたしました。

ダルビッシュ

TOP