RETHÉ

チャーガ茶 リテ

チャーガ茶 RETHÉ

品質にこだわった安心安全の無添加チャーガ茶。有効成分を独自製法と特許技術で余さず抽出。安全検査は全ロットで実施済み。

BRAND SITE

《 特 徴 》


◉チャーガ茶RETHÉの安全と安心のこだわり(分析検査の徹底)

毎日飲んでいただくものですから、リジュベネーション社では商品の安全にこだわり、日本食品分析センターでの検査で安全を確認したもののみを販売することをお約束いたします。

◉厚生労働省のガイドラインに基づいた検査

RETHÉはお茶として飲用するため、厚生労働省の資料に基づき、「茶は製造、加工後、飲む状態で飲料水の基準値を適応する。」という基準値適用を行っています。具体的には飲料水の基準である1kg当たり10ベクレル以下であることが合格基準値です。

RETHE

◉「放射性物質検査結果」と「農薬450種類の検査」と「重金属検査」

チャーガは白樺の木に自生し10年から20年の年月をかけて成長します。長い年月の中で予想できないチェルノブイリや福島の原子力発電所の事故や、環境問題でのPM2.5等の公害で、目には見えない有害物質が含まれる可能性や、収穫後の保存での薬品など、体に害があるかもしれない危険性があります。自然のものだからこそ弊社では製造ごとに農薬450種類の検査及び、放射性物質検出検査と重金属検査を行います。

◉チャーガ茶RETHÉの品質の追求

RETHÉ(リテ)の特徴は特許製法を用いた特殊製法により、チャーガの持つ有用性の確保と安心安全の100%無添加にこだわりました。日本食品分析センターの検査結果でRETHÉ(リテ)は41,000単位/gの結果を得ています。この値は普通のチャーガ刻みでは900単位/g~1,000単位/gと低く、特殊加工を加えながら粉末にする事でしか高濃度の数値にたどり着く事はありません。また、独自製法により別の有用性試験でもとても良い結果を得ることに成功しました。RETHÉ(リテ)のこだわりは、素材を研究し、何度も検査を重ねて確かな品質の商品を製造する事です。

SOD酵素含有量

◉細胞壁破壊末を使用

チャーガに含まれるβ-D-グルカンはたくさんの糖が鎖のように繋がっている高分子という構造をしているために、煮沸しても水に溶けにくい性質をしています。細胞破壊という特殊な加工技術で細胞壁を細胞サイズ以下に高密度粉砕しパウダー状にすることで、β-D-グルカンをはじめとする様々な栄養成分がすっと水に溶けて、余すことなくチャーガの恵みをお楽しみいただけます。

細胞壁破壊前
細胞壁破壊前
細胞壁破壊中
細胞壁破壊中
細胞壁破壊
細胞壁破壊